禁煙はやろうと思っても簡単にできるものではありません。それはニコチンという一種の薬物依存の状態だからです。でももちろん禁煙は不可能ではありません。禁煙スタートしませんか?

  • ホーム
  • ニコレットを服用し喫煙本数を減らして周囲に好影響

ニコレットを服用し喫煙本数を減らして周囲に好影響

ニコレットは禁煙をしたい人が、服用する為の禁煙補助用のためのガムです。
ニコレットにはニコチンが含まれており、喫煙者における血中のニコチン濃度が減少する事による、喫煙したいという衝動を抑制する効果があります。
そのためタバコを吸う本数を減らす事ができ、まわりの人からタバコのにおいについて、注意される回数を減らす事ができます。
ただしニコチン濃度が低くなったことによって、タバコを吸うのではなく、タバコを吸う事が習慣化している方にとってはあまり高い効果が期待できません。
そういった方の場合はニコレットと併用して、電子タバコもしくは禁煙パイプを使用する事をおすすめします。
禁煙パイプを使用する事によって、タバコを吸うという習慣化している行為の代役を果たすことになり、実際のタバコを吸う本数を減少させる効果が見込まれます。
タバコを吸う本数を減らすまたはタバコを吸わなくなる事による効果としては様々あります。

一つは、まわりの人に対し、受動喫煙をさせなくて済むという効果です。
タバコは実際に吸っている人よりも、まわりにいて受動的に磨ってしまっている人に対する方が悪影響がある事がわかっています。
タバコを吸わない事により、受動喫煙による被害を防止する事ができます。
もう一つが、食べ物の本来の味や風味を感じる事ができるようになる点です。
これは本来、人間に備わっている機能であり元の状態に戻ると言う方が適切ですが、タバコを吸う事により鼻や口の中に、微細にタバコの粒子がこびりつき、味覚や嗅覚が鈍感になってしまいます。
禁煙する事により、その粒子が無くなることによって、食べ物本来の味を敏感に感じる事ができるようになります。

サイト内検索
人気記事一覧