禁煙はやろうと思っても簡単にできるものではありません。それはニコチンという一種の薬物依存の状態だからです。でももちろん禁煙は不可能ではありません。禁煙スタートしませんか?

  • ホーム
  • 全面禁煙化の大学はニコチネルなど補助薬を無料提供

全面禁煙化の大学はニコチネルなど補助薬を無料提供

大学によっては学生に対し、ニコチネルやニコチンパッチなどを無料で提供しています。
キャンパス内全てを禁煙化している大学ほど、こういった禁煙サポートを行なっている傾向が強いです。
禁煙中の学生の方は、薬局でニコチネルを自費で購入する必要はありません。
学校のサポートを活用したほうが良いです。
サポートをすすめているのには理由があります。
ニコチネルの値段です。
禁煙補助薬の値段は総じて割高傾向にあります。
そして学生の収入源は限られています。
そのため、毎月ニコチネルを頻繁に購入していては、お金が持たなくなります。

ニコチネルには使用期間があり最大で2ヶ月半です。
使用期間自体は長くないので、極端な負担にはならないかもしれません。
ですが大学がサポートしてくれるのであれば、素直にサポートを利用したほうが経済的です。
健康管理センターからアドバイスも受けられる分、禁煙が成功しやすいメリットもあります。
この大学のサポートですが、ご存じない学生の方が大半です。
大学側はホームページなどで詳細な情報を公開しています。
禁煙を検討している、費用がかかって困っている方はホームページを確認しておくと良いでしょう。

キャンパス内全面禁煙の大学は年々増えています。
タバコを吸える場所と言えば、校門を出た路上しかありません。
タバコを吸うためには、授業の合間に何度も教室と校門を往復する必要があります。
非常に面倒です。
出来れば大学生の間にタバコはやめておくべきでしょう。
喫煙期間が長くなるにつれて依存度が高くなります。
社会人になる前に早めに取り組めば、それだけ早くタバコをやめられます。
昔と比べ、ニコチネルやニコチンパッチなどの禁煙補助薬も豊富にありますので、離脱症状に苦しむ事も少ないです。
大学に通っていてタバコをやめたいと感じたら、サポートの有無を確認する所から始めましょう。

サイト内検索
人気記事一覧