禁煙はやろうと思っても簡単にできるものではありません。それはニコチンという一種の薬物依存の状態だからです。でももちろん禁煙は不可能ではありません。禁煙スタートしませんか?

  • ホーム
  • 禁煙するとお酒を飲んでも二日酔いなし

禁煙するとお酒を飲んでも二日酔いなし

禁煙するとお酒を飲んでも二日酔いなしというのは、本当でしょうか。
お酒は血行を促進してタバコは血行を滞らせると言います。
この相反する作用が何か影響しているのでしょうか。
お酒を飲むとアセトアルデヒドという成分が発生します。
これが酔いの原因です。
タバコを吸うと、こちらも同様に有害物質であるアセトアルデヒドが発生します。
つまりお酒を飲むのとタバコを吸うのは、アセトアルデヒドの相乗効果となってしまいます。
ですので禁煙することは二日酔いなしに繋がるのです。

タバコを吸った時のアセトアルデヒドは体内に蓄積されていきますので、禁煙をしてもすぐにアセトアルデヒドが体内からなくなるわけではありません。
ということは飲みの席でだけ禁煙をしても、二日酔いなしの効果は期待できないということになります。
むしろ飲みの席ではタバコを吸っても、飲み会の前に禁煙をする方がずっと効果的です。
それならいっそタバコをやめてしまった方がいいのでしょうが、なかなかやめられないのがタバコです。
特にお酒の席ではタバコがセットになっていないと、存分に楽しむことができないくらいです。

二日酔いは何度経験してもつらいもので、もう二度と飲まないと誓ってもまた飲んでしまうのです。
どうしても二日酔いが耐えられないのであれば、飲み会の前日かせめて当日には禁煙をして、楽しいお酒の後の二日酔いを予防しましょう。

楽しい会として残しておくには、禁煙をして二日酔いを予防するのが一番効果的です。
飲む量を制限できるならそもそも二日酔いになるほど飲まないのですから。
あとは水をたくさん飲むということです。
お酒もタバコも中々やめられないものですが、どちらかを犠牲にしないとどちらも楽しめないのです。